2020/01/11 英語学習メモ 27日目: 発音は本当に難しい…

2020/01/11のタカハシ(@ntakahashi0505)の英語学習メモです。

レアジョブレッスン20回目

Lesson 3: Services

Foot Spa (30 minutes) + Pedicure – ,510 – Jitsuyo Eikaiwa

カラオケ店やマッサージ店のお店のメニューなどを題材として、数字を読むレッスン。

millionとか、thousandとか、そういうやつ。

カンマが3桁区切りである謎が解けるわけですね。

しかし、今日の先生はものすごいテキパキ進める、できる先生。

けっこう話すの早かったけど、ちゃんと対応できてたと思う。

自分が成長したのか、今日の先生が良かったのか…後者かな。

ちなみに、「Can you type that in the chatbox?」と、お願いしたけど「もう一回言うから頑張って」と拒否されたw

あと、先生は情報系だったのでプログラミングの話で、VBAとかGASとかの話になった。

こんなだけど…汗

  • You said: ahhh ahhh ehhh for example ahh Excel and ahhh Google service.
  • Better: For example Excel and Google service.

だいぶ先の話だろうけど、慣れてきたら情報系の先生にすると、このあたりの話題で話ができるかも。

VOCABULARY: 語彙

  • connected /kənɛ́ktəd/: 関係のある
  • pop /pάp/: 飛び出る
  • chunk /tʃˈʌŋk/: 大きいかたまり
  • appropriate /əprˈəʊprièɪt/: 当てる
  • condo /kάndoʊ/: マンション
  • platter /plˈæṭɚ/: 大皿

英語耳

導入部を読みつつ、2章~4章の「発音バイエル」を進める。

2章 発音バイエル 子音

子音の部分は目からウロコの発見がいくつかあって、なるほど~と感じでした。

例えば、以下はそれぞれ仲間どうし、とか。

  • /p/ /b/ /m/
  • /t/ /d/ /n/
  • /k/ /g/ /ŋ/

/θ/ や /ð/ は舌をかまなくても大丈夫、とか。

練習すれば上達しそうな雰囲気。

3章 発音バイエル 母音

母音が…もう撃沈。

日本語には5つしかない母音、英語には22もあるそうです。まじか~

解説見てもなかなかイメージが沸かず…

本書には、ピアノの有名な練習メソッドである「バイエル」を以下のように紹介してます。

 ピアノの「バイエル」では指が無意識に動くまで繰り返し練習しますが、たいてい、それぞれを100回近く練習するとできるようになります。

つまり、そういうことです。

ふぅ…頑張るか。

4章 発音バイエル R

もう、ここまでで脳みそがヘロヘロになったので、全く集中できなくなった。

時間も足りないけど、集中力の消費も激しいのでリソース管理しないといけないようです。

感想・まとめ

発音は本当に難しいですね…

そもそも耳がかなり頼りですし、解説を読んでも口の中のカタチが合っているのか、わかりづらいですし。

それこそ100本ノックなんすね。

  • 学習時間: 3.0h
  • 累計学習時間: 56.0h → 59.0h
  • レッスン回数: 19回目 → 20回目
  • レッスン時間: 475分 → 500分
タイトルとURLをコピーしました